KANAE ASSOCIATES

TEL 03-3431-7700

コンサルタント紹介Consultants

コンサルタント紹介Consultants

consultants-1

同志社大学法学部法律学科卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)入行、営業店、本店融資部、 不動産会社などを経てリクルートエイブリック(現リクルートキャリア)入社。金融スペシャリストのキャリアカウンセラーとして投信・投資顧問、PE、M&Aアドバイザリー、企業再生、投資銀行、銀行・証券生保・損保・監査法人・不動産など幅広い金融スペシャリスト人材の転職をサポート。
決定難易度の高い金融スペシャリスト領域からはじめて全社MVP受賞。第三者の出口調査でも候補者の約90%以上が満足と回答。その後、スカウトされ、NYに本社を置き、世界30カ国で事業を展開しているグローバルサーチファームのBanking & Financeのフロントオフィスのマネージャーなど経験。現在まで11年間、一貫して金融業界を担当。外資金融機関日系金融機関の双方においてエグゼクティブレベルのサーチで高い業績をおさめています。2010年、KANAEアソシエイツ株式会社設立。

主な賞歴

Bizreach主催「日本ヘッドハンター大賞」金融サービス部門
第1回 優秀賞(2010年7月)、第2回最優秀賞(2011年5月)、第3回最優秀賞(2011年11月)、第4回優秀賞(2012年6月)、第5回優秀賞(2012年11月)、第6回最優秀賞(2014年2月)、第7回最優秀賞(2015年2月)、第8回最優秀賞(2016年2月)、第9回特別賞(2017年2月)。

メディア出演・記事掲載

2017年5月22日発売のAERA23号特集「転職ドラフトのモテ人材」に、インタビュー記事が掲載されました。
2016年2月25日、テレビ東京「チャージ730!」の特集『ヘッドハントの世界』にて業務の様子が紹介されました。
2016年3月発売の「月刊金融ジャーナル」誌3月号にプライベートバンカーのキャリアに関する記事を寄稿させて頂きました。
2014年12月プレジデント社発行のムック「勉強法マル得講座」に、インタビューが掲載されました。
2014年12月発売のAERA54号特集「自分の市場価値を高める」に、インタビュー記事が掲載されました。
2011年12月8日、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の特集『活況 転職市場』にて、業務の様子が取り上げられました。
2011年9月12日号プレジデント誌に「1億稼ぐ人の勉強法」に、インタビュー記事が掲載されました。

講演活動・執筆他

日本CFA協会の主催セミナー「金融業界・運用業界におけるキャリア・パスの強化」
マンチェスター大学MBAスクール(東京)「グローバルな視野で今後求められるキャリアについて」その他多数

慶應義塾大学卒業後、銀行、証券(日系・外資)、投資信託委託、VC, 投資運用会社(欧州)に在籍し運用業務・投資銀行業務を経験しリクルートエイブリック(現リクルートキャリア)に入社。
リクルートエージェントでは14年間、一貫して金融部門担当のキャリアアドバイザーとして投信・投資顧問、M&Aアドバイザリー、PE、企業再生、不動産金融、その他投資銀行、保険(生保・損保)、監査法人等幅広い金融スペシャリスト人材の転職をサポート。
全社MVP表彰受賞ほか表彰多数。2010年、もっとも決定難易度の高い金融スペシャリスト部門にて決定実績547人を達成し表彰をうける。金融スペシャリスト領域において、日本トップクラスの実績を誇る。
その後、KANAEアソシエイツ株式会社にて、エグゼクティブ ダイレクターとして参画。

メディア寄稿・記事掲載など

・2014年9月5日発行の人事情報誌、賃金事情(産労総合研究所刊)の特集「気になる職種の賃金とキャリア/ファンドマネージャー」に、インタビュー記事が掲載されました。

consultants-3

同志社大学法学部卒業後、株式会社広島銀行 本店営業部入行、株式会社ソニーファイナンスインターナショナル、ソニー銀行株式会社の営業企画部門を経て、ヘッジファンドでのマーケティング、ファンド管理業務などを経験。
2008年に金融業界からエグゼクティブサーチの世界へ転身。国内大手総合人材サービス会社のエグゼクティブサーチ会社にて7年間 日系・外資系金融機関(銀行、投資ファンド、アセットマネジメント会社、生保)、総合商社、監査法人などを中心としたプロフェッショナルポジションのサーチを経験。

近年では投資ファンドの投資先企業の経営者人材や事業会社のエグゼクティブ、管理職ポジションの紹介決定実績を積み、同社サーチ部門の管理職を経て2013年 KANAEアソシエイツ株式会社へ入社。

consultants-4

2000年に慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、大手サービス業勤務を経て、2005年にリクルートキャリア(当時リクルートエイブリック)に入社。
主に、コンサルティングファーム・監査法人・税理士法人・M&Aアドバイザリー、金融機関(銀行、証券、保険、投資顧問)の法人側の人材紹介を担当。
特に、コンサルティングファーム・監査法人においては、6年に亘り、戦略系/総合系/M&A系/シンクタンク系/業界・領域特化系等を幅広く担当し、現場・人事とのリレーションも豊富。転職希望者のキャリア・ご志向に合わせ、各ファーム・監査法人の部門/チーム単位まで落としこんだマッチングに定評があり、法人担当として約400名の決定実績を誇る。
近年は、担当企業だけでなく、 リクルートキャリア全体のコンサルティングファーム・監査法人業界の転職支援実績を拡大させるプロジェクトを牽引し、多くのファームで採用実績シェアNo1に導く。
2015年にKANAEアソシエイツ株式会社へ入社。

consultants-9

神戸大学卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。外国為替業務、本社資金為替部門を経験した後、リクルート人材センター(現リクルートキャリア)に入社。法人営業、転職者カウンセリング、マネージャー職を幅広く経験し、国内外大手金融機関を中心に、1000名以上の決定実績をもつ。
15年以上にわたり金融コンサルティング分野を担当し、この分野を強みとしている。近年は、高年収ゾーンに特化した新規人材紹介事業の立ち上げに金融業界担当として参画し、顧客価値の拡大に貢献した。
2016年、KANAEアソシエイツ入社。

consultants-5

東京経済大学を卒業後、公認会計士・税理士・弁護士・管理部門系職種特化型エージェントである株式会社MS-Japanにて8年勤務。

金融部門のアドバイザーとして銀行、証券、生命保険、投信・投資顧問、PEファンド、ベンチャーキャピタル、M&Aアドバイザリー等の 金融スペシャリストや公認会計士・税理士・弁護士の転職をサポート。
投資ファンドやベンチャーキャピタルから紹介を受けた投資先企業の経営人材、CFO、監査役といったエグゼクティブの転職支援も経験。
経営再建中の企業やベンチャー企業の経営環境・組織を理解した上で適切な人材を提案し紹介実績を積む。

近年は総合商社やグローバルメーカーの海外要員、弁護士の紹介実績を積み、 2015年にKANAEアソシエイツ株式会社へ入社。金融スペシャリスト、事業会社のエグゼクティブの紹介に取り組む。

主な賞歴

Bizreach主催「日本ヘッドハンター大賞」金融サービス部門
第9回 最優秀賞(2017年2月)

consultants-7

県立広島女子大学(現・広島県立大学)を卒業後、バイオ・化学を中心とした研究職人材サービスのパイオニアであるWDB株式会社に入社。製薬・化学メーカー、大学、公的研究機関、バイオベンチャーを中心とした法人側に対する人材サービスの提供、及び、研究職領域の管理職からスペシャリストに至る個人の方々に対する転職支援に携わる。支店責任者に就任後は、クライアントの様々な人材ニーズに応じ、サービス範囲を既存の研究職のみならず、技術営業職、サイエンス系の翻訳業などに拡大。WDBにおける新領域進出への礎を築く。
その後、移動体通信を軸としたIT分野の人材サービス業に転身。現場エンジニアと密接に関わりながら最適なエンジニアを提案し、顧客シェア拡大に寄与。
バイオ・化学の研究職、及び移動体通信分野のSIer等の専門的な職種に関する精密なスキルマッチング、及び選考プロセスにおけるきめ細やかな対応の経験を金融専門職の領域で活かすべく、2016年、KANAEアソシエイツ入社。

consultants-8

明治大学商学部を卒業後、ホテル運営会社を経て、2008年、大手人材紹介サービス会社に入社。以来約8年間にわたりコンサルタントとして法人・個人双方の人材コンサルティングに従事。金融機関のほか、建設不動産業界や食品メーカーなど主として大手企業を顧客として担当し、合計350名を超える豊富な紹介実績をもつ。
人材紹介に携わる者として精一杯の誠意を持った、誠実な対応がモットー。
金融機関の中では、銀行、証券、生損保、アセットマネジメント、カード会社等、多数の紹介実績がある。より金融領域の専門性を深め、より一層、トッププロの皆様のお役に立つことを目標に、2016年、KANAEアソシエイツ入社。

consultants-6

慶應義塾大学商学部卒業後、株式会社リクルート入社。人材開発部にて自社新卒採用を、HR事業部にてクライアントの中途採用支援を経験。
2001年米ノースウエスタン大学ケロッグマネジメントスクール留学。マーケティングを専攻。
2003年リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)出向。キャリアコンサルタント、営業マネージャーを経て、金融・不動産業界担当マーケットオフィサー(部長)に就任。
綿密な市場調査に基づく戦略立案と、戦略にリンクした効果的な業務設計に定評があり、転職支援サービス全体のグランドデザインを指揮。
また、経営体質強化を目的とした管理会計再構築のプロジェクトにおいてはプロジェクトマネージャーとしてハーバード大学のロバート・キャプラン教授が提唱するActivity Based Costing理論を応用した独自の管理会計マネジメントを設計、全社導入した。この改革は労働集約的な事業の生産性課題を解決すると同時に価値も大幅向上させる成果を生み、2012年4月、リクルートグループ年間最高のイノベーションを表彰する「ARINA」を受賞した。
2014年7月KANAEアソシエイツ株式会社に参画。チーフ・ストラテジー・オフィサーに就任

保存

保存

現状に満足しない、志あるプロフェッショナルのために。 Copyright © KANAE ASSOCIATES Co.,Ltd. All Rights Reserved.